イム・チャンジェ ベストアルバム『歳月が流れる音』

[TRACK LIST]

[SIDE A]

  1. 歳月が流れる音
  2. 手紙
  3. 懐かしさを探して
  4. 夕暮れの星
  5. あの星と月を
  6. 一本道

[SIDE B]

  1. 小さな鳥
  2. 白い微笑み
  3. 忘れる
  4. 愛の真実
  5. 白い蝶々
  6. 孤雁
  7. 名前の知らない少女


「オニオンズ」イム・チャンジェのベストアルバム『歳月が流れる音』が初のLP盤としてリリースされる。

オニオンズは1970年代エリート若者たちの専有物とされていたフォークソングを大衆化した男性デュオだ。DJイ・ジョンファンが経営していた明洞の「シェルブール」で活動していた当時、キム・ジョンホが作った曲「小さな鳥」で1972年TBC新人歌謡祭で1位を受賞し、翌年にデビューアルバムを発表した。

「手紙」「小さな鳥」「あの星と月を」「愛の真実」など、収録曲のほとんどがヒットして当時トップフォークデュオに浮上した。

1974年5月4日に梨花女子大学で開催されたコンサートではチケットが即完売され、押し寄せるファンによって混乱が生じ、コンサートが1時間も遅延された。

オニオンズの解散以降、チームで作曲とリードシンガーを担当していたイム・チャンジェがソロ活動を開始した。「歳月が流れる音」などを発表して活動を続けているイム・チャンジェが、オニオンズ時代の曲を含むベストアルバム『歳月が流れる音』をオニオンズ初のLP盤で発売する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA