Soyeah『So Beautiful』

[TRACK LIST]

  1. 蝶 (Dream)
  2. ありふれた
  3. Lonely (Duet. プリメロ)
  4. 君君君
  5. 夜夜
  6. ありふれた (Inst.)

「激甘ボイス」Soyeahの2ndミニアルバム『So Beautiful』

Soyeahが帰ってきた!2017年の「To. My Star」、2018年の「わたあめ」が収録されているミニアルバム『So Sweet!』。2019年には独特なメロディーの「夜夜」でリスナーの心を掴んだSoyeahが2ndミニアルバム『So Beautiful』を持って帰ってきた。

今回のアルバムは、以前作業をともにしていたkAyaのプロデュースで、Soyeahの自作曲とkAyaの曲で構成されているが、「So Beautiful」というアルバム名通り綺麗で透明な感受性が目立つアルバムだ。

「ありふれた初出会いにとめどなく恋した…」
タイトル「ありふれた」では、Soyeahが直接作詞作曲をし、シンガーソングライターの底力を見せてくれる。切ない歌詞と悲しい弦楽器の旋律が感性を刺激、今時の別れた恋人たちの共感を引き集めている。

また、パク・ジンギュ監督がメガホンを取った映画のようなミュージックビデオも話題になっているが、ミュージカル・CMなどで活躍している俳優のチョ・ハンギョルがSoyeahと一緒に主人公として出演し、曲の切なさを増してくれる。

ダブルタイトル曲「蝶」は、果てしなく切なくて軟らかい感性で、早くもマニア層を形成している。他にも、感性ボーカルのプリメロとのデュエット曲である「Lonely」、甘くてフワフワしている本来の魅力を見せた「君君君」、「夜夜」など充実したトラックで期待を膨らませている今回のアルバムでは、一層深まったSoyeahならではの感性でリスナーたちを魅了するだろう。

2ndミニアルバムでカムバックするSoyeahは、31日正午発売とともにラジオ、放送、グラビアなどの活発な活動を予告した。

01. 蝶 (Dream)
「私は蝶となり、あなたは花になる夢をみたの」
果てしなく切ない感性で、心の中で静かな波動を作る。Soyeah特有の軟らかくて透明な音色で淡々と吐く告白詩。小さくて白い蝶に投影された懐かしさはどこへ向かうのだろうか。

02. ありふれた
「ありふれた初出会いにとめどなく恋した」
皆一度くらいは経験したであろう初恋の記憶は、時には痛いが時には懐かしくもある。他とは違って永遠だと思っていたこの恋も終わった。しかし思い出までは吐き出したくない…あの時の私達、本当に輝いていたよね。

03. Lonely (Duet. プリメロ)
「あの時のように、もし君も私を思ったのかな?」
雨が降る日は、君の痕跡で頭の中を苦しめるのに… 未だに残っている未練にもなかなか近づけない恋人たちの感情を二人の呼吸で溶かしていく。「雨が降る」に続くプリメロとの2番目の感性コラボ。

04. 君君君
「私の携帯に書かれてある多くの人々の中で正に君なの」
何の理由もなく優しくさせる君、私の心をくすぐる君、君が好きなミルクティーなら私も好き!甘くてフワフワなメロディーの中で、恋愛のきらめく初瞬間を思い出してみよう。

05. 夜夜
「名前まで好きになっちゃうと薬もないんだって」
何の関係でもないと言うが、実は待つのが嫌いではない。いつかあの子のせいで眠れない夜を経験したことがあるのなら、共感できる。何気なくぽんと投げるツンとした口調がポイントの曲。

06. ありふれた (Inst.)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA