BLACKPINK 1stフルアルバム『THE ALBUM』VER.1 / VER.2 / VER.3 / VER.4

[TRACK LIST]

  1. How You Like That
  2. Ice Cream (feat. Selena Gomez)
  3. Pretty Savage
  4. Bet You Wanna (feat. Cardi B)
  5. Lovesick Girls
  6. Crazy Over You
  7. Love To Hate Me
  8. You Never Know

<仕様>

― パッケージ:ヴァージョン別
― ハードカバーフォトブック:96P
― ポストカードセット:スリーブ+4枚 / ヴァージョン別
― クレジットシート
― リリックブックレット:14P
― ランダムフォトカード2枚:20種中2種ランダム / ヴァージョン共通
― ランダムポストカード2枚:20種中2種ランダム / ヴァージョン共通
― ランダムステッカー1枚:4種中1種ランダム / ヴァージョン共通
― MOUNTEDフォトカード1枚:ヴァージョン共通
― CD

2016年『SQUARE ONE』でデビューしてグローバルアーティストに成長したブラックピンクの1st定規アルバム『THE ALBUM』が10月6日に発売!

BLACKPINKの初定規アルバム『THE ALBUM』のタイトル曲である「Lovesick Girls」は、カントリー風のギターサウンドの上にオシャレなメロディーで曲全体の雰囲気をリードしながら続くレトロなサウンドの上、BLACKPINKのパワフルなボーカルが加わり曲を盛り上げる。「人は何故恋に傷つき苦しみながら、また別の恋を探していくのか」についての究極的な質問を投げかける歌詞が目立つ曲で、BLACKPINKの曲では初めてメンバーのジスとジェニーがそれぞれ作詞作曲に参加したため、ファン達の期待感は更に倍加させている。

「Lovesick Girls」以外にも、全世界的波及力を証明したカリスマ溢れるヒップホップサウンドの「How You Like That」からポップスターのセレナ・ゴメズとコラボした弾ける軽快なメロディーの「Ice Cream」まで― BLACKPINだけの個性と魅力溢れる多様なサウンドが込められている。BLACKPINKの無窮な音楽的スペクトルを『THE ALBUM』を通じて確認できるだろう。

BLACKPINK 1st FULL ALBUM『THE ALBUM』はパッケージボックス、ハードカバーフォトブックとイメージが異なる総4セットの葉書きセットが発売され、来る8月28日の予約販売をはじめ、10月6日のYGセレクトを含め全国のオン・オフラインミュージックショップで購入できる。

[曲紹介]

1. How You Like That
作詞:TEDDY、Danny Chung
作曲:TEDDY、R.Tee、24
編曲:R.Tee、24

「How You Like That」は、専売特許BLACKPINKだけの個性とカリスマ溢れるサウンドが目立つヒップホップ曲だ。夢幻的で勇壮なオーケストラサウンドが導入部から雰囲気を圧倒し、BLACKPINKの強烈な指揮が始まる。決然とした感情の変化に伴って高まるボーカルとついに吐き出した「How You Like That」の爆発的なドロップパートは、曲の雰囲気を一気に反転させる。曲が進むにつれて、より強力に激変するパワフルなビートは、どんな暗い状況でもめげず前進し、より高く飛ぼうというBLACKPINKが伝えるメッセージを更に浮き彫りにする。最高のプロデューサー軍団が参加した「How You Like That」の作詞にはTEDDY、Danny Chungが、作曲にはTEDDY、R.Tee、24が参加した。

2. Ice Cream (feat. Selena Gomez)
作詞:Bekuh BOOM、Victoria Monét、TEDDY
作曲:Tommy Brown、Mr. Franks、TEDDY、Bekuh BOOM、Victoria Monét、24、Selena Gomez、Ariana Grande
編曲:Tommy Brown、Mr. Franks、24

「Ice Cream」はBLACKPINKとポップスターのセレナ・ゴメスがコラボした蒸し暑い夏とよく似合う軽快で清涼なサウンドが目立つダンスポップ曲だ。 表向きは冷たく見えるが、実は甘いという意味をアイスクリームに例えたユニークな歌詞が目立つ。BLACKPINKのメインプロデューサーTEDDYと世界的なプロデューサー軍団Tommy Brown、Mr. Franks、24がコラボレーションした「Ice Cream」は、セレナ・ゴメスとBLACKPINKそれぞれの色と個性がマッチした面白い曲で世界の音楽ファンの期待を集めている。

3. Pretty Savage
作詞:TEDDY、LØREN、Vince、Danny Chung
作曲:TEDDY, R.Tee, 24, Bekuh BOOM
編曲:TEDDY, 24, R.Tee

「Pretty Savage」は、ミニマルで感覚的なトラップビートの上に、単純だけど中毒性が溢れるラップパートと爆発的なドロップパートが印象的でタイトルのように綺麗だが、ひたすら綺麗なだけではないBLACKPINKの専売特許ガールクラッシュが爆発する曲だ。

4. Bet You Wanna (feat. Cardi B)
作詞:Tommy Brown、Steven Franks、Ryan Tedder、Melanie Joy Fontana、Becalis Almanzar、Torae Carr、Jonathan Descartes
作曲:Tommy Brown、Mr. Franks
編曲:Tommy Brown、Mr. Franks、TEDDY

「Bet You Wanna」は、アメリカの有名女性ラッパーカーのディビーとBLACKPINKが出会い愉快ながらも弾むエネルギーが目立つアップテンポ曲だ。 先行公開シングル「Ice Cream」のプロデューサーTommy BrownとMr.Franksが参加したもう一つの曲で、特に歌詞がすべて英語で書かれており、世界のファンの熱い反応を引き出すものと見られる。

5. Lovesick Girls
作詞:TEDDY、LØREN、Jisoo、Jennie、Danny Chung
作曲:TEDDY, 24、Jennie、Brian Lee、Leah Haywood、R.Tee、David Guetta
編曲:24、R.Tee

「Lovesick Girls」はBLACKPINKの 初の正規アルバム『THE ALBUM』のタイトル曲だ。カントリー風のギターサウンドの上にオシャレなメロディーで曲全体の雰囲気をリードしながら続くレトロなサウンドの上、BLACKPINKのパワフルなボーカルが加わり曲を盛り上げる。「人は何故恋に傷つき苦しみながら、また別の恋を探していくのか」についての究極的な質問を投げかける歌詞が目立つ曲で、BLACKPINKの曲では初めてメンバーのジスとジェニーがそれぞれ作詞作曲に参加したため、ファン達の期待感は更に倍加させている。

6. Crazy Over You
作詞:TEDDY、Bekuh BOOM、Danny Chung
作曲:TEDDY、Bekuh BOOM, 24、R.Tee、FUTURE BOUNCE
編曲:24、R.Tee、FUTURE BOUNCE

「Crazy Over You」は、レトロなヒップホップビートの上にオリエンタルなサウンド要素が加わり、どこに飛ぶか分からないBLACKPINKの魅力を引き立たせてくれる曲だ。

7. Love To Hate Me
作詞:Tushar Apte、Rob Grimaldi、Chloe George、Steph Jones、Danny Chung
作曲:Tushar Apte、Rob Grimaldi、24
編曲:Tushar Apte、Rob Grimaldi、24、Vince、TEDDY

「Love To Hate Me」は、ダンスポップジャンルの曲で「Love Hate」という愛憎の関係、感情について語っており、中毒性のあるフックパートが目立つ。

8. You Never Know
作詞:LØREN、Bekuh BOOM
作曲:24、Bekuh BOOM
編曲:24

「You Never Know」。BLACKPINKの歌唱力が目立つ曲で、感性的な歌詞とメロディーはミニマルな編曲と調和を成して曲のメッセージをより深く伝えてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA